クリニックのご案内

スタッフ紹介

東京トータルライフクリニック 副院長
穴水 聡一郎 (あなみず そういちろう)

山梨県生まれ
群馬大学医学部卒
1990年:トータルライフクリニック本郷内科就職
2010年:東京トータルライフクリニック
漢方専門医、抗加齢医学専門医
趣味:音楽鑑賞

高校時代
写真部
大学時代
フルートを習っていましたが、上達しないままに挫折しました

武蔵野赤十字病院、社会保険中央病院内科、国保沢内病院などを経て現職に
進行癌の父親の闘病生活に接し、肉体的な治療にとどまらず、心と身体をトータルにみつめトータルに癒す医療の実践を志すに至りました

いは呼びかけ ─医師と患者の対話の記録─
(共著)
(1991年11月刊)

日本心身医学会/日本産業衛生学会/日本東洋医学会/日本臨床栄養学会/トータルライフ医療研究会

2005年11月23日、第14回トータルライフ医療学術集会(東京都)で、「個人情報保護法施行を呼びかけと受け止めてのクリニックの取り組み」というテーマで発表。
2006年2月18日、第4回文京区医師会学術集会(東京都)において、「個人情報保護法施行を受け止めてのクリニックの取り組み」というテーマで発表。
2006年11月23日、第15回トータルライフ医療学術集会(東京都)で、「糖尿病と受発色の回路との相関関係についての予備調査」というテーマで発表。
2008年11月23日、第17回トータルライフ医療学術集会(東京都)でのシンポジウム「病からの呼びかけを聴く―新しい医療への挑戦」において、パネリストの一人として「対話の医療」について発表。
2009年10月25日、第18回トータルライフ医療学術集会(東京都)でのシンポジウム「病からの呼びかけを聴く―予測予防医療に挑戦する」において、パネリストの一人として「予測予防医療に基づく医療実践」について発表。
2010年2月13日、第8回文京区医師会学術集会(東京都)で、「当クリニックにおける抗加齢医学(ウェルエイジング)の取り組み」という演題で発表。
2010年11月27日、第19回トータルライフ医療学術集会(東京都)でのシンポジウム「内なる力を引き出す医療への挑戦―予測・予防医療を実践する」において、パネリストの一人として「動脈硬化健診」について発表。

スタッフ紹介へ

〒111−0034
東京都台東区雷門 2-6-3 ユニカ雷門ビル2F

診療科目:内科、消化器内科、呼吸器内科、老年内科、漢方内科、アレルギー科

■最寄駅
都営浅草線:浅草駅(A2出口) 徒歩2分
  東武線:浅草駅 徒歩6分
  銀座線:浅草駅(8番出口) 徒歩6分
      田原町駅(2番出口) 徒歩4分

地図