クリニックのご案内

トピックス

「訪問看護ステーションニュース」

「訪問看護ステーションニュース」で、
長屋先生が紹介されました

訪問看護ステーションニュース2012年9月号

「訪問看護ステーションニュース2012年9月号」(一般社団法人 全国訪問看護事業協会)に、座談会のメンバーの一人として参加した長屋直樹副院長兼在宅医療部長が紹介されました。

この座談会は、同協会が、職種間の垣根を乗り越え理解を深めていくための一環として、「訪問看護に求められていること」をテーマに開催された訪問看護ステーションスタッフと他職種による座談会です。

今月号は「医師からみた訪問看護ステーション(前編)」として当日の様子が紹介されています。

前半は、主治医、訪問看護師、ケアマネジャーの連携の現状が話し合われ、医師からは、在宅医療の主軸は訪問看護である状況が語られ、医師と看護師の阿吽の呼吸についても述べられています。

そして後半、長屋先生は、「訪問看護師には、看護全般をみていくことに加えて、もう1つ病院の主治医と在宅の主治医をつなぐ『のりしろ』のような役割、さらには医療と福祉をつなぐ働きが期待されている」ということを述べています。また別の医師からも、訪問看護には、在宅医療というシステムを安定化させる働きがあると話されています。医療や福祉職との連携を促進するために、訪問看護の「のりしろ」のはたらきに期待が高まっているということです。

紙面は、ここで前編を終了し、次号で座談会の後編を掲載予定とされていますが、当院で在宅医療を立ち上げてから12年間実践してきたからこその長屋先生の言葉に、重みと深くうなづく気持ち、そして訪問看護が担うはたらきの大切さを感じました。次号が楽しみです。

トピックス一覧へ

〒111−0034
東京都台東区雷門 2-6-3 ユニカ雷門ビル2F

診療科目:内科、消化器内科、呼吸器内科、老年内科、漢方内科、アレルギー科

■最寄駅
都営浅草線:浅草駅(A2出口) 徒歩2分
  東武線:浅草駅 徒歩6分
  銀座線:浅草駅(8番出口) 徒歩6分
      田原町駅(2番出口) 徒歩4分

地図