クリニックのご案内

トピックス

「統合医療でがんに克つ」

「統合医療でがんに克つ」の特別企画に
馬渕院長の記事が掲載されました。

「統合医療でがんに克つ」創刊5周年記念の特別企画の「医師である私ががんになったら」というシリーズ第21回(2014年12月30日発行)に馬渕院長の記事が掲載されました。
この特別企画は、がん治療で活躍している医師に、「医師自身のがんに対する考えやがんになったらどのように選択するのか」を尋ねる興味深い企画です。

馬渕院長自身ががん予防のために気をつけている食事(発酵食品を摂る、野菜をたくさん摂るなど)、運動(1日8000歩以上歩く)、睡眠(早寝、早起き)についてまず紹介されました。そして、早期発見のために年1回人間ドックを受けていることや、万が一がんが見つかったときには標準治療を受けて、同時に統合的な医療として厳格な糖質制限食にすること、乳製品や塩分を制限する、など馬渕院長の具体的な選択が紹介されています。

また、同時に何よりも大切にしている「病からの呼びかけを聴く(※詳しくは、『21世紀の患者学』(三宝出版刊)39頁参照)」こと、そしてその呼びかけに応えて「意識とライフスタイルを転換する」ことに一生懸命取り組むことが大事である、ということが明記されています。

来院される患者さん方が、がんを予防し、そして、もしもがんに罹患されたときには食事、運動、睡眠を見直し、さらに「がんからの呼びかけ」を聴いてご自身の意識とライフスタイルを転換していただけるように、スタッフ一同、さらに努めてゆきたいと思います。

「統合医療でがんに克つ」創刊5周年記念の特別企画の「医師である私ががんになったら」シリーズ第21回」(2014年12月30日発行)

トピックス一覧へ

〒111−0034
東京都台東区雷門 2-6-3 ユニカ雷門ビル2F

診療科目:内科、消化器内科、呼吸器内科、老年内科、漢方内科、アレルギー科

■最寄駅
都営浅草線:浅草駅(A2出口) 徒歩2分
  東武線:浅草駅 徒歩6分
  銀座線:浅草駅(8番出口) 徒歩6分
      田原町駅(2番出口) 徒歩4分

地図