クリニックのご案内

トピックス

「統合医療でがんに克つ」の特集に長屋副院長の記事が掲載されました。

「統合医療でがんに克つ」(2018.2 VOL.116)の「特集 泌尿器系がんの治療」に長屋直樹副院長の記事が掲載されました。
今回のこの特集は、泌尿器系がんに対して、通常の西洋医学的治療のみならず様々な角度から診療を行っている施設や医師が、その具体的な内容を紹介している興味深い企画です。

長屋副院長は、「泌尿器科系のがん治療、前立腺がんの標準治療の効果を高めるために――意識、ライフスタイルの転換のススメ」というタイトルで、当クリニックにおける取り組みを紹介しています。当クリニックにおける診療の大きな柱の一つである「健康と長寿のための因縁果報」(※)に基づいて、患者さんが病気療養の主人公となって、「因」(心の持ち方)と「縁」(ライフスタイルなど)を転換してゆくとき、医学的治療は同じでも結果が異なってくる(光転する)ことを、実際の事例を紹介しながら、述べています。
これまでの医療では、患者さんは、病気について、医者まかせ・病院まかせとなってしまう傾向が強くありましたが、「健康と長寿のための因縁果報」に基づくならば、患者さんができることは無限にある! そのことを改めて実感するとともに、私たちスタッフ一同が来院してくださる患者さんの良き助力者としてお役に立てるよう、さらに努めてゆきたいと想いを新たにしました。
※トータルライフ人間学の提唱者である高橋佳子先生がこれからの新しい医療の指針として提案されたもので、患者さんが「病気(不健康な状態)」を克服して健康と長寿を全うすることに向かうためのガイドマップとも言えるものです。詳しくは、当クリニック編「100歳まで元気! 予測・予防医療のススメ」(三宝出版)をご一読ください。

トピックス一覧へ

〒111−0034
東京都台東区雷門 2-6-3 ユニカ雷門ビル2F

診療科目:内科、消化器内科、呼吸器内科、老年内科、漢方内科、アレルギー科

■最寄駅
都営浅草線:浅草駅(A2出口) 徒歩2分
  東武線:浅草駅 徒歩6分
  銀座線:浅草駅(8番出口) 徒歩6分
      田原町駅(2番出口) 徒歩4分

地図