ウェルエイジングセンターのご案内

各種検査

検査内容

唾液コルチゾール検査

現代に生きる私たちは、日常的に様々なストレスを受けています。副腎から分泌されるコルチゾールは、このストレスから私たちの身を守ってくれていますが、強いストレスが慢性的に続くと、副腎も疲れ、十分に機能しなくなってきます。これを副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)と呼び、近年注目を集めるようになっています。

副腎疲労になると、以下のようなさまざまな症状が現れます。

  1. 朝、起きるのがつらい
  2. ぐっすり眠っても、まだ疲労感がある
  3. 塩辛い食べ物が無性に欲しくなる
  4. 以前楽しんでいたこともすべて億劫に感じる
  5. 日常的なことがとても疲れる
  6. 性欲の低下
  7. ストレスに対処出来ない、イライラしやすい
  8. 病気や怪我、外傷から回復するのに時間がかかる
  9. ベッドや椅子から立ち上がるとき、クラクラする
  10. 軽度のうつ(人生に何の意味も感じられない)
  11. 人生の全てがむなしい
  12. PMS(月経前症候群)の悪化(手足のむくみ、頭痛、乳房の張り、下腹部の痛み、ふさぎ、不安、怒り、イライラがひどくなる)
  13. カフェインがないと仕事ができない
  14. 思考がまとまらず、ボーっとする
  15. 記憶があやふや
  16. 午前10時まで目覚めない
  17. 午後3時から4時の間はぼんやりしている
  18. 夕食後、やっと元気になる
  19. 仕事がはかどらない

(医者も知らないアドレナル・ファティーグ ジェームズ・L・ウィルソン著 中央アート出版社より引用)

これらの症状のうち1つでも当てはまれば、副腎疲労の可能性が考えられます。4つ以上当てはまる場合には十分に副腎が働いているかどうかを調べるために、唾液コルチゾール検査を受けてみることをお勧めします。
唾液コルチゾール検査とは、8時、12時、16時、24時の1日4回唾液を採取し、唾液中に含まれるコルチゾールの日内変動を調べる検査です。

通常、コルチゾールの値は朝が最も高く、時間が経つに従って下がっていきますが、副腎の機能が低下していると、朝の値が低くなるなどコルチゾールの分泌パターンに変化が見られます。この変化によって副腎疲労の程度が分かります。
副腎疲労の治療は原因となるストレスの同定・除去、生活習慣の改善、サプリメントを用いた栄養療法などが中心となります。上記の症状に当てはまる方、栄養療法に興味のある方は、ぜひご相談下さい。

検査費用

15,000円(税別)

遅延型フードアレルギー検査

一般的に食物アレルギーというと、その食物を食べるとすぐに、かゆみ、むくみ、蕁麻疹、呼吸困難などの症状が出る即時型アレルギー(T型アレルギー)を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。即時型アレルギーは、ひどい場合にはアナフィラキシーショックを起こし、命にかかわることもあります。通常、病院で検査するのはこのタイプです。IgE抗体が関与し、即時に、前述のようなはっきりとした症状がでるため、何を食べるとアレルギーが出るのかが因果関係がわかりやすいことが多いです。

一方、食物を摂取後、数時間から数週間後に症状がでる遅延型アレルギーが最近注目されています。頭痛、めまい、うつ、などの精神神経症状、肩こり、慢性疲労や、便秘・下痢などの腹部症状、肌荒れ、にきび、アトピーなどの皮膚症状など多彩な症状が出現しますが、これらは一般的な検査をしても異常が出ず、特に問題なしとして経過観察されることが多いかもしれません。これはIgG抗体が関与するもので、すぐに症状が現れないため、どの食物が原因なのかなかなか分かりません。また、健康のためと思って毎日食べている食物にこの遅延型フードアレルギーが多い傾向があり、注意が必要です。

当院で行っている遅延型フードアレルギー検査は96種類の食品に対するIgG抗体を少量の採血で調べることが可能です。 気になる症状のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

検査費用

27,000円(税別)

毛髪ミネラル検査

有害ミネラルによる健康被害というと、水俣病やイタイイタイ病を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。これらは工場排水に含まれていた水銀やカドミウムが体内に大量に蓄積したことが原因でした。このような特殊な状況でなくても、現代では普通に生活をしていても、私たちの体内に有害ミネラルがたまっていきます。
例えば水銀の場合、マグロなど大型の魚介類やアマルガムという歯の詰め物を介して、またカドミウムの場合は喫煙や排気ガスなどを介して、通常の日常生活から簡単に体内に入り込みます。そしてある程度の量の有害ミネラルが体内に蓄積すると、下記のような症状が見られることがあります。

疲れやすい・肌荒れ・アレルギー・むくみやすい・筋肉や関節の痛み・頭痛・頭が重い・イライラや集中力低下・目の疲れ・冷え性・肩こり・めまい・しびれ

これらの症状は、病院に行って検査をしても特に異常が出ず、「特に問題ありません。経過観察しましょう。」と言われてしまうことが多いかもしれません。
思い当たる症状がある場合、毛髪ミネラル検査を受けられることをおすすめします。有害ミネラルの蓄積が認められれば、デトックスする方法があります。ぜひお気軽にご相談ください。

検査費用

13,000円(税別)

腸内フローラ検査

私たちの腸には、およそ100兆個の細菌がいます。この細菌は、消化吸収の補助だけではなく、免疫機能にも深く関わっており、腸内の環境を整えることは、感染症や癌などの予防にもとても大切なのです。腸内フローラ検査は、私たちの腸内細菌のバランスを検査し、わかりやすいグラフで教えてくれます。現状の自分の腸内細菌のバランスを知り、善玉菌の割合が少なければ増やす手立てを講じることは、健康長寿に向けての第一歩です。

従来の腸内細菌の検査は、便中の細菌を培養する方法でした。しかし、腸内細菌は空気に触れると死んでしまうため、便の保存が大変でした。当院で実施している腸内フローラ検査は、便中の細菌の遺伝子を用いますので、少量の便で簡単に検査することができます。
結構報告書は受診者の方にも分かり易く、大きく6種類で腸内細菌のバランスを提示します。

  • 善玉菌2種(ビフィズス菌・乳酸菌)
  • 悪玉菌(クロストリジウム)
  • 日和見菌2種(バクテロイド、プレボテラ)
  • その他

腸内環境を整えることで、口から入る様々な食べ物、栄養素、サプリメントを効率よく吸収し、免疫力もアップして、元気でいきいき天寿を全うしましょう。

検査費用

25,000円(税別)

〒111−0034
東京都台東区雷門 2-6-3 ユニカ雷門ビル2F

診療科目:内科、消化器内科、呼吸器内科、老年内科、漢方内科、アレルギー科

■最寄駅
都営浅草線:浅草駅(A2出口) 徒歩2分
  東武線:浅草駅 徒歩6分
  銀座線:浅草駅(8番出口) 徒歩6分
      田原町駅(2番出口) 徒歩4分

地図